So-net無料ブログ作成
検索選択

蹴りたい自分の背中 [CABINET]

読みやすくて、一気に読みました。

綿矢りさ  蹴りたい背中

蹴りたいとかはないですが、主人公とその友達の人間関係に対する悩み、考え方には共感する所も多かったです。
少しズレかもしれませんが、若い時は特に自分を自分以上に見せようと”ぶって”ました。
全ての事に中途半端で、そのくせ 「自分はちがうんだ!」 と、働きもせずに働いてる人を馬鹿にしたり、真面目に人生を生きている人を 「保守的でつまらない。」 とみくだしていました。
情けない限りなんですが気づけただけマシです。そして、気づいた分のツケはしっかり回ってきました

しかし、親譲りなのか、へそまがりで天邪鬼で部分がありまして、他人と同じなのは嫌なんです。
古い物が好きなのも、そういった理由がありますし、流行に対しても素直になれないのもそのせい。
でも、他人と同じが嫌だからと言って、自分の不本意な結果になるのもおかしな話ですからね。
伊達なのかもしれないですが・・・。自分の選美眼でチョイスしないとな。
という事で買ったのが、GRだったのですがまだ帰ってきません。持ってた事すら忘れそうです。
ちょっと友達を怨みます。


Shurhit Parts Case
 DSCF0927.JPG
40年代頃のパーツケース。
車は詳しくないのですが、結構小ぶりですが、サイドのロゴマークがそそります。
全ての引き出しに区切りがついており、純粋にガレージで使われるのが一番いいんじゃないかと思います。

取扱店:BE-POP


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。